マンガ賞

少年ジャンプ漫画賞総合Q&A

少年ジャンプ漫画賞総合Q&A

少年ジャンプ・少年ジャンプ+などで開催される漫画賞・持ち込み・投稿などよくある質問を
Q&A形式で教えるぞ!!

  • よくある質問
  • 漫画家になるために
  • 作品つくりについて
  • 投稿・持ち込みの心構え
  • 漫画賞へ投稿する
  • 出張編集部へ参加する

よくある質問

 
普段地方から持ち込みに来る方は多いですか?
また郵送で作品を見てもらうことは可能でしょうか?
勿論可能ですし、普段から結構多いですよ。
学生さんは夏休み等の長期休暇中に各地方から来られることが多いです。
是非、持ち込みにいらしてください。

集英社まで直接持ち込みが難しい場合は、郵送での好評も受け付けています。編集部に電話をして郵送での講評希望の旨を伝えてみてください。

遠距離の方で編集部員の意見が聞きたい場合の主な方法は、下記の2つです。

・編集部に電話をして出た者に希望を伝えて原稿を郵送後、電話で打ち合わせ
・毎年開催しているジャンプスカウトキャラバンや出張編集部がお住まいの近くに来た際に持ち込む

持ち込みに関して詳しくはこちらをご覧ください
さらに詳しくはコチラから
持ち込みや郵送するときに、1話完結の形で完成させなければなりませんか?
短いページ数の話を何話か続ける形はダメですか?
規定のページ数の中であれば、どのように描いていただいても構いません。
また持ち込みにはページ数の制限はありませんが、すでに目指している漫画賞があれば、その規定ページ数を意識して描いていただくのも良いと思います。
投稿や持ち込みに年齢制限はありますか?
年齢制限はありません。ジャンプには小学校低学年のお子さんから定年後に初めてマンガを描いたという方まで幅広い年齢層の方々が投稿や持ち込みにいらっしゃいます。なのでとりあえず気にせず投稿なり、持ち込みなりしてみてください。
土日の持ち込みは可能でしょうか?
スカウトキャラバン、出張編集部などの例を除き、土日は持ち込みを受け付けていません。平日であれば割と遅くまで大丈夫です。予約のお電話のタイミングは「当日」「今すぐ」とかでなければ誰か対応できると思います。

また8月の編集部のお盆休み期間は、出社している部員がいるかもしれませんが基本はお休み期間になります。

詳しくは電話に出た編集と相談してみてください。
夏休みは持ち込みの量が多いと思います。予約の際、希望日を伝えても叶わないことはあるでしょうか?
電話に出た編集部員がその日が無理であれば、他の部員に変わるので大丈夫です。ただ前述の通り、編集部のお盆休み期間はほぼ出社していないためご注意ください。
持ち込みの予約電話は何時まで可能でしょうか?
一応、持ち込みの電話時間は午前10時~午後10時になっていますが、もっと言うと午後1時以降がより繋がりやすいです。
原稿用紙に指定はありますか?
原稿用紙の種類に関しては、こちらは特に気にしないので大丈夫です。
ネーム原作の持ち込みはありですか?
ありです。編集部に電話をしてネームでの持ち込み希望の旨を伝えてください。

ただ原作志望でない場合は、完成原稿のみの受付になります。ネームでのやり取りは増刊や本誌掲載を狙うレベルからだと思っていただきたいです。
ネーム原作を郵送で見てもらうことはできますか?
編集部にお電話いただいて、出た編集とご相談をお願いします!
どんなレベルのストーリー、絵でも見ていただけるのでしょうか?
見ないことにはどんなレベルかもわからないため、描きあげた原稿があるならば遠慮なく持ち込んでみてください!
ストーリーは少年向きの方が良いのでしょうか?
漫画賞全般についてよくある質問ですね。作り手が頭の中で思っているより、少年読者は大人だったり、大人の読者は子供っぽいものを好んだりします。

少年誌であるという事に囚われすぎず、投稿作は面白いと思うものを素直に描いてください。
持ち込みは一度に何作も持参して良いのでしょうか?
勿論です。

ただし、担当した編集部員によって最大で対応できる時間が異なります。
持参する際には、見てもらいたい作品の優先順序を、ある程度決めておいてください。

その場で見きれない場合は、お預かりして後から連絡したりすることもあります。
持ち込みで対応してもらった編集部員の方が、今後の担当という認識で良いのでしょうか。
一度作品を拝見したら見たものが担当になるというのが、一応編集部のルールとしてあります。ただ、そこから継続して担当するかどうかは作品次第です。
漫画賞へ投稿する時に、デジタルで描いた作品は原稿用紙やコピー用紙に印刷して送ることは問題ないでしょうか?
問題ありません。デジタル原稿の場合、 持ち込みは出力したもののみでも構いませんが、賞に投稿される場合は、出力された用紙+USBメモリやCD-R等の記録メディアにオリジナル原稿のデータも入れて送って下さい。
投稿作は全部、最後まで読んでいますか?
全て読んでいます。
「間違えたサイズで原稿を送った」「用紙の使い方を間違えた」場合でも賞の対象として見ていただけますか?もし対象外でも、一応原稿は見てもらえますか?
よく投稿後の原稿用紙の形式上の不備、使い方の誤りの質問をいただきます。間違っていたら選考に不利にならないかを気にされての事だと思いますが、別に間違っていても全然構いませんし気にしていません。

過去にも原稿用紙全面にびっしり絵を描いた投稿作が受賞し今や大人気の漫画家さんという例もあります。

たとえ縦横間違えるとか、極端に間違えていたとしても、送っていただいた原稿は全て拝見します。後から覚えれば良いものに関しては基本投稿段階では気にしてません。ご安心を。

ただその作品で受賞され、雑誌掲載まで決まった場合、該当ページは描き直しが必要になったりすることはあります。
原作希望ですが、ネームではない脚本形式の原作は講評してもらえるのでしょうか?郵送を考えてます。
文章原作の講評は、現在受け付けておりません。ジャンプではネーム原作という形で受け付けています。シナリオをさらにコマ割してノート等に描いたものです。
アシスタント応募する場合、描いた漫画はコピーでも平気ですか?
応募原稿はコピーでも構いません。
アシスタントになる上で必要最低限なことはなんでしょうか?
アシスタント先の漫画の背景描きや画面処理ができる能力です。
アシスタント求人に年齢など制限はあるでしょうか。
まず、高校生のアシスタント求人はジャンプでは行っておりません。

またアシスタントをしながら他のアルバイトなどを掛け持ちすることが可能かどうかは、職場により異なります。
今アナログで背景を描くことが出来るという事はあまり強みにはならないのでしょうか。アシスタントを目指すにしてもデジタルの方が素早くできて評価が高いのでしょうか?
アナログ背景が描けるのは充分強みです。今もアナログで描いている漫画家さんはジャンプに限らず多いので、その技術が不必要ということはありません。

写真取り込みからデジタルでお手軽に背景、と言っても手描きの線を足さないと漫画として使えなかったりするため、背景を全く描けない人がアシスタント出来るかはかなり微妙です。

もちろん、デジタル職場のアシスタントとなるとPC作画もできる必要がありますので、アシスタントを目指されているのであれば、どんな職場にでも対応できる・必要とされるという意味では双方できた方が良いとは思います。
漫画アシスタント志望の未経験者です。アナログで背景(パースの勉強含めて諸々)を重点的に練習中なのですが、やはりアシスタントになるには描ききった漫画原稿を最低でも1~2本応募の際に同封した方が有利でしょうか?
作品一本を提出する方は記憶にないですが、ご自身が「アピールになる」と判断したなら何でもアリだと思います。

ちなみに提出する必要はありませんが、当然作品の一本や二本はアシスタントやる前に完成させといた方が良いです。プロ作家を目指す上でも、アシスタントやる上でも。
アシスタントは受賞歴などある人の方が優先されますか?
例えば受賞していて担当つきの方であれば、編集的にも紹介しやすいというのはありますが、最終的に選ぶのは雇用主にあたる先生なので何ともいえません。公式HPや本誌のアシスタント募集を見て応募された方が採用された例も沢山あります。
集英社で活躍されているの先生のアシスタントとして雇って頂こうと考えている際、ジャンプ公式サイトや本誌等で募集を行っている先生方のみで、他にはその時点では定員に余裕は無いということでしょうか?
募集しているのは公式サイトや誌面に募集中と掲載されている先生方だけとは限りません。誌面では告知されていない新連載や読切作品などが募集している場合もあります。

特定の誰かを希望せずアシスタントに応募することもできます。その場合は封筒の上書きに特定の先生の名前を書かずに、少年ジャンプアシスタント希望と書いて送ってください。
賞に入選・落選ともにアドバイスはいただけるのでしょうか?
電話講評希望の方は事前に編集部に電話し、編集と相談後に投稿をお願いいたします。事前連絡なしの投稿→落選後からの講評希望は、色々な理由でお応えしにくいです。
上記の質問以外にも、分からないことがあるのですが…
Twitterの「少年ジャンプ漫画賞」というアカウントをフォローしてみよう!自分がわからない疑問点は、他の人が質問しているかもしれないぞ!また、ジャンプ編集部に直接電話してもOK!

Twitter

新世界漫画賞
ストキンProガリョキンPro
原稿持ち込み大歓迎

週刊少年ジャンプ

ジャンプコミックス

少年ジャンプ+

pagetop