仲間りょう×小山ゆうじろう同い年対談

4.ちゃんと描きすぎないふたり

小山
磯兵衛の絵柄は誰の影響なんですか?
仲間
ストーリー漫画やってたときは大友克洋先生にすごく影響されてました。あの「アジア人をちゃんと描く」人間のタッチが好きで。今の日本の漫画ってみんな西洋人のイケメンを描いちゃうじゃないですか。そんな中で大友先生はしっかり鼻ぺちゃで一重まぶたで。それがかっこいいと思って。
小山
わかりますね。僕はとんかつを結構描くんですが、美味そうな飯とかって描き過ぎない方が美味しそうで。それこそ杉浦茂先生に影響されたテイストで描いてますね。
仲間
僕も、団子とか餅とか出すときは杉浦茂先生をまんまイメージしてるところはあります。片方の頬だけ膨らませたりとかして美味しさを表現したり。雑ではないけど、あの描き方で伝わる部分は大きいでしょうね。あと、これは作画のこだわりなんですけど、目の焦点をちゃんとさせないで描くのが好きなんです。あれって不安とか怒りとか、ちょっとのズレで出るんですよね。まともじゃない感じになるというか。
↑杉浦茂先生の表現をイメージして描いたコマ。おいしそう。
小山
それ僕も好きです。揺れというか。アニメーターの人とかって逆に左右対称に整えてくれてしまう。アゲ太郎のアニメは整えたら雰囲気出ないと思って、原作をトレスしてもらいました。妹の目の焦点が原作ですでにズレてるんですけど、さらにズレてラリってる感じになっちゃって(笑)気持ち悪くならないギリのラインを攻めたいというか。
仲間
手癖のこともあるかもしれないけど、それがまたアジになると思っています。つまり僕は違和感が描きたいんですね。「この絵なんだろう」ってちょっと目が留まる感じを出したい。
小山
それって一個上の世代のギャグ漫画にはない感覚でしょうね。僕はきれいな線があまり好きじゃなくて、ちゃんと線を閉じなかったりすることがある。それって掘り起こせばそうとう昔の漫画のスタイルに近いと思うんですよ。近々の上の世代は絵も丁寧だし、美意識が高い人が多いんだと思います。
仲間
…そしたら僕らで新しい流れをつくっていきましょうかね!
pagetop