少年ジャンプ

『左ききのエレン』コミックス一覧

  • 左ききのエレン【18】 かっぴー/nifuni

    流川から園宮製薬のリブランディングを依頼された光一。社内での最初の打ち合わせにやってきたのは、あかりの弟・アラタだった。彼は光一に27歳で死のうとしているあかりと結婚し、その天命を忘れさせてほしいと懇願して…!? そして迎えた園宮製薬での顔合せ。そこで思わぬ人物が同席することになり!?

  • 左ききのエレン【17】 かっぴー/nifuni

    自身のモデルとしてのピークである27歳で死ぬと公言してきた、あかり。彼女が27歳を迎える年のアンナ・キシのオーディションで、アンナはあかりの実力を測るためにナタリーと対決させる!! 2020年の光一がアドビの広告を手がける特別編も収録――!!

  • 左ききのエレン【16】 かっぴー/nifuni

    エレンは自身の名を騙ったレイのイベント会場へ赴き、そこで行われた威風・ナタリーとのダーツ対決に勝利した。その後、レイは本物になりたいという自分の願いをエレンに打ち明ける。それを聞いたエレンは自分の名前で堂々と生きていくために、記者会見を開いて世間に正体を明かす事を決めるが…!?

  • 左ききのエレン【15】 かっぴー/nifuni

    神谷が目黒広告社を去り、光一が柳チームで力を付けていく中、営業では大規模な人事異動の話が持ち上がっていた。新たに発足するサニートライ専属の五十嵐部に誘われた流川だが、営業とクリエイティブの共栄を目指す彼が選んだ道とは!? 一方、エレンは彼女の名を騙る偽者のイベントに潜入する!!

  • 左ききのエレン【14】 かっぴー/nifuni

    サニートライ社のコンペが目前に迫る中、光一が倒れた! しかし病院から戻った光一は、すぐに仕事を再開する。神谷がそれを許したのはクリエイターとしての光一が、自ら変わろうとしているのに気付いての事だった。そして真夜中のオフィスで作業に没頭する光一の脳裏に浮かんだのは――!?

  • 左ききのエレン【13】 かっぴー/nifuni

    光一は新たに発足した神谷チームのメンバーに選出された。彼は初めての後輩の三橋と噛み合わず、なかなか成長しない2人に神谷は苛立ちを募らせる。そんな時、神谷に局長クラス6人からの呼び出しが掛かる。その内容は業界の勢力図が塗り替わるほどの超大型コンペを彼に任せるというものだった!!

  • 左ききのエレン【12】 かっぴー/nifuni

    エレン達はバンクシーがゲリラ展示を行う瞬間を捉え、その正体を知るという作戦を実行に移す。次の標的がMoMAだと当たりをつけたさゆりは、エレンとルーシーに絵を見ていない人を探すよう指示を出すが、館内は絵に関心がない人で溢れており…。エレン達とバンクシーの対決の行方は――!?

  • 左ききのエレン【11】 かっぴー/nifuni

    入社して3年経ち、自信が付いてきた光一だが、神谷から仕事に慣れただけだと指摘される。彼はエレンの顔を忘れてしまっている事に気付くが、高校時代の恩師・海堂と再会し、彼女にライバル心を燃やしていた当時の気持ちを思い出すのだった。一方、エレン達はバンクシーとの対決に向けて動き始める!!

  • 左ききのエレン【10】 かっぴー/nifuni

    2004年、憧れの広告代理店に就職し、クリエイターとしての道を歩み始めた光一。しかし、現実は甘くなく、デザイナーになったからと言って、これまでと何かが変わるわけではなかった。配属された沢村チームへの不満が募っていく中、上司の久米田が撮影現場へ来れず、光一が仕切る事になり――!?

  • 左ききのエレン【9】 かっぴー/nifuni

    "五番街の女王"と畏れられるファッションデザイナー・岸アンナに対し、自分たちのパトロンになってくれるようにプランを提示するさゆり。しかし彼女の案は一蹴されてしまう。互いのプランが激突するプレゼンテーション対決の結末は――!?