少年ジャンプ

『左ききのエレン』コミックス一覧

  • 左ききのエレン【13】 かっぴー/nifuni

    2020年8月4日(火)発売予定

  • 左ききのエレン【12】 かっぴー/nifuni

    エレン達はバンクシーがゲリラ展示を行う瞬間を捉え、その正体を知るという作戦を実行に移す。次の標的がMoMAだと当たりをつけたさゆりは、エレンとルーシーに絵を見ていない人を探すよう指示を出すが、館内は絵に関心がない人で溢れており…。エレン達とバンクシーの対決の行方は――!?

  • 左ききのエレン【11】 かっぴー/nifuni

    入社して3年経ち、自信が付いてきた光一だが、神谷から仕事に慣れただけだと指摘される。彼はエレンの顔を忘れてしまっている事に気付くが、高校時代の恩師・海堂と再会し、彼女にライバル心を燃やしていた当時の気持ちを思い出すのだった。一方、エレン達はバンクシーとの対決に向けて動き始める!!

  • 左ききのエレン【10】 かっぴー/nifuni

    2004年、憧れの広告代理店に就職し、クリエイターとしての道を歩み始めた光一。しかし、現実は甘くなく、デザイナーになったからと言って、これまでと何かが変わるわけではなかった。配属された沢村チームへの不満が募っていく中、上司の久米田が撮影現場へ来れず、光一が仕切る事になり――!?

  • 左ききのエレン【9】 かっぴー/nifuni

    "五番街の女王"と畏れられるファッションデザイナー・岸アンナに対し、自分たちのパトロンになってくれるようにプランを提示するさゆり。しかし彼女の案は一蹴されてしまう。互いのプランが激突するプレゼンテーション対決の結末は――!?

  • 左ききのエレン【8】 かっぴー/nifuni

    今、ニューヨークで最も才能ある若手アーティスト・ジェイコブスとグラフィティ対決をする事になったエレン。自分と似たタイプの人間である彼と絵を描く事によって、エレンに大きな変化が訪れる。そしてライバルとの対決を経て、注目を集めるエレンとさゆりに新たな試練が忍び寄る――!!

  • 左ききのエレン【7】 かっぴー/nifuni

    さゆりの事を無意識にあかりと呼んでしまった光一。さゆりから問い質された彼は、何と答えるのか...。一方、エレンもあかりの変化に気付き、自分を残して変わってしまった彼女に失望し、筆を置いてしまう。それぞれが自身と向き合い、人生のターニングポイントを迎える──!!

  • 左ききのエレン【6】 かっぴー/nifuni

    あかりという1人のモデルによって、ファッションショーの空気は変えられてしまった。彼女の姿に魅せられたエレンは楽屋に乗り込み、お前を描かせろとあかりに告げる。その場に居た光一は、エレンの瞳に自分は映っていない事に気付く。ショーの成功も岸姉妹の実力によるもので、消沈する光一は...!?

  • 左ききのエレン【5】 かっぴー/nifuni

    2003年、東京芸術大学に入学した岸あかりは、他の学生たちが平凡な事に退屈していた。しかし教授からエレンの話を聞き、興味を持った彼女は自身が出演するファッションショーにエレンを招待しようとする。初めはつれない態度を取るエレンだが、パンフレットに光一の名前があるのに気付き――!?

  • 左ききのエレン【4】 かっぴー/nifuni

    神谷の独立から2年経ち、光一は新進気鋭のアートディレクターへ成長を遂げていた。しかし、彼に2年前の面影は無く、個人主義の孤高の存在と化していた。それぞれの想いを胸に再会する神谷チームであったが──。神谷チーム最後の仕事を描いた「ザ・プレミアム・モルツ」編も収録!!